転職の回数について

転職の回数について

 転職した回数が多いと面接で不利に扱われるということはよく耳にします。しかし、様々な事情で何度も転職をせざるを得なかったという方もおられるでしょう。そうした方にとっては、無条件で転職の回数が不利にはたらく、というのはなかなかに酷なことです。実際に転職が不利になるのは何度目からなのでしょうか。

 

 多くの採用担当者の意見として共通しているのが、1回や2回程度の転職は気にならないというものです。終身雇用や年功序列が崩壊しつつある今では、雇用も流動化しており転職はまるで珍しいものではなくなりました。このように転職が一般化した今では、転職の回数が少なければ、問題にはされないということです。

 

 一方でこれまた多くの採用担当者が答えたのが、3回以上の転職は回数が多いと感じるという意見です。面接時に時間が許せば、そのあたりの事情を細かく聞いて人物像を掘り下げたいという人が多くおられます。ここで答えに窮した場合は、考え無く転職を繰り返す人物だという印象を面接官に与えてしまうかもしれません。

 

 よって、転職回数が多い方は、そのひとつひとつの仕事で何を身に付けたかを説明し、それは計画的に行ったことであるという印象を面接官に与えねばなりません。転職自体が悪いというわけではなく、あくまでその目的に重きが置かれるということです。もし転職回数が多くても、それがあなたの描くロードマップに従ったものであるということを証明できれば、そのキャリアは決して不利にははたらかないでしょう。