自分に自信を持つこと

自分に自信を持つこと

 転職のポイントは、まず自分が何をしたいか、どんなことに対して自信があるかを自己分析することだと思います。自己分析ができていないと、面接を受ける時にアタフタしてしまいます。

 

 自分に自信を持つためにも、自分のことをよく知り、分析することは大切です。そうすれば、面接で何を聞かれてもあせることはありません。その自信に満ち溢れる姿に、面接官は安心を憶えるのではないでしょうか。

 

 次に、自分に自信をつけるためにも、資格を取っておくと良いでしょう。今でしたらTOEICや簿記は、どの企業でも重宝されるのではないでしょうか。女性でしたら、秘書検定もおすすめです。

 

 また、なぜこの企業に転職したいのか、なぜ前職をやめてしまったのか、理由を明確にしておくことが重要です。この二つは面接で必ず突っ込まれる質問ですので、きちんと答えを整理しておくと良いでしょう。

 

 面接対策として、あまりガチガチに答えを考えていって、一字一句間違えずに言おうとすると、ど忘れしてしまった時に大変なことになります。こう聞かれたらこのようなことを話そうとある程度漠然と考えていったり、キーワードだけを覚えていったりすると、ど忘れを防ぐことができます。

 

 一番は笑顔で、背筋を伸ばして、ハキハキと答える!これがポイントだと思います。面接官も人間なのですから、この人と働きたい!と思わせることが大切だと思います。