視野を広げれば、ハンディも克服できる

視野を広げれば、ハンディも克服できる

 転職活動をしている人の中には、やはりハンディを抱えている人も多いです。ハンディとは、前の仕事を辞めて長期の空白期間が空いた人などです。転職を決意して会社を辞めても、すぐに就職先が決まるわけではありません。特に、年齢によっては選べる求人が一気に減ることも考えられます。

 

 特に日本においては、年齢制限を設けている求人も多いため、年齢がハンディになるケースも確認されています。それらのハンディを抱えれば、転職を半分諦めてしまうこともあると思います。しかし、ハンディを抱えても、視野を広げれば就職は可能です。

 

【Pick Up】
57歳の転職
新たなやりがいを求めて、早期退職からの転職など、57歳の転職についての様々なことに答えます。

 

 それは、仕事を選び過ぎないことです。実際に仕事を探す時は、こだわりがあるのは分かります。しかし、年齢や空白期間があれば、条件を決めすぎてしまうと、選択源がかなり減ることになります。そうなれば、就職をするチャンスも減ってしまいます。

 

 そこで大切なのは、自分でも出来そうな仕事なら何でもチャレンジすることです。それから、多くの会社を受ける決心をすることも大切です。このように、最低限だけ条件を決めて、数多くの会社にアタックすれば、ハンディがあっても就職をするチャンスを広げることは可能です。

 

 つまり、期間や年齢を負い目に感じていても、自分から積極的に動けば、幾らでもやり直しは出来ます。これらのように、転職活動はいかにして選択源を増やすかが大事です。