女性が働きやすい会社

女性が働きやすい会社

 結婚や出産などの機会がある女性は、男性よりも転職する機会が多いといえます。そして、家事や育児の分担が当たり前になりつつある現在でも、やはり女性が働きやすい職場とそうでない職場があります。転職する機会が多い女性は、会社選びがこれからの働きさすさにおいて非常に重要になるのです。

 

 もし、まだ小さなお子さんがおられるのであれば、まず見るべきは勤務時間、休日、そして残業の数です。日中の勤務はまだしも、毎日遅くまで残業が続くような職場となると、育児はとても大変です。深夜まで子どもを預かってくれる託児所や保育園もありますが、現在ではまだ順番待ちがひどく、1年待たないといけないといったところも普通にあります。子どもが小さいうちはできるだけ残業のない職場を選びたいのではないでしょうか。

 

【お役立ち情報】
40歳以上の求人
40歳以上の求人情報を探すその前に!転職成功体感談を読んで対策を立てる。

 

 また、会社によっては育児制度を設けているところもあります。これは、出産後、半年や1年単位で休暇を取りつつ、その後同じキャリアで復帰できることを保証したものです。夫と分担して取得することで子どもが2歳になるまで会社を休んで成長を見守ることができます。

 

 子どもがいる家庭への配慮は、まだまだ浸透しているとは言い切れません。育児制度にしても実質取得はできないといった会社も多いです。しかし、家事、育児への配慮がきちんとなされている職場はあります。

 

 特に外資系はそのあたりの福利厚生が非常にしっかりしており、休暇をフルで取得しても何ら遠慮することのない会社が多いです。むしろ上司が休暇の取得を勧めてくるくらいなので、女性にとっては外資系への転職もおすすめです。